初心者のための不動産への投資についての説明

物件購入は、会社員や主婦でも気軽にできるようになっているのが特徴です。物件を購入するのは敷居が高そうなイメージがあるかもしれませんが、実際には、100万円程度で購入することができる物件もありますので、株などとそれほど大きな違いはありません。そのため、インターネット上には気軽に勧めるサイトもあり、初心者でも簡単にできそうなイメージがあります。しかし、初心者が簡単に大儲けできるほど簡単なものではありません。物件を買い、貸す場合は、会社で働くのとは違い、一方的にお金が増えるわけではありません。また会社員とは違い、初期費用が必要になります。このように、通常の仕事とは違いますので、あらかじめ、しっかりとした準備をしておくことは重要になります。

お金をどのように用意するかが問題

物件購入をする場合には、必ず初期費用が必要になりますが、初心者が始める場合には、いきなり大きな金額を出す必要はありません。確かに、大きな金額の投資をすれば、その分リターンも大きくなります。逆に、小さな額の投資をすると、リターンも当然に小さくなるのは間違いありません。初心者でも、最初から大きな利益を得たいと思っている人もいるかもしれませんが、不動産投資も株などと同じように、赤字になることもあります。初心者であれば赤字になる可能性は高くなります。もちろん、そのために事前に投資の勉強をするわけですが、実際に失敗してみないとわからないことも少なくはないでしょう。そこで、初期はできるだけ安い物件を手に入れるようにしましょう。まずは安い物件で練習をすることが大事になります。

リノベーションの可能性を考える

不動産を購入する場合、あまり費用をかけないとすれば、当然ながら小さくて古い物件しか手に入れることができません。この場合、そのまま利用しても思ったような利益を上げることはできないでしょう。不動産は古い物件ほど人気がなく、新しい物件ほど人気があるのが一般的な流れです。そこで、リフォームやリノベーションをして、部屋を新しくすることが必要になります。リフォームやリノベーションは、ある程度お金がかかりますので、失敗をしないように周りの物件がどのようにリフォームやリノベーションをしているかを確認する必要があるでしょう。周辺地域の状況を調べ、人気の形がわかれば、おおよその方向性は掴めるはずです。複数の部屋がある場合には、まずは一部屋だけ新しくしてみましょう。

安心保証制度で管理受託後は、空室が埋まるまで管理料を無料とさせていただいております。 神奈川県に特化し、独自のルートで仕入れた物件をご紹介しています。 新築・中古物件ともに最新の成約事例をご紹介しています。 利回り率とともに新着の物件情報も多数掲載しています。 売買実績件数も300件を超え、多くのお客様に選ばれ続けております。 不動産投資のご要望にお応えいたします