不動産への投資で失敗しない為の方法

不動産投資は、個人にも人気があります。小規模なアパートの賃貸であれば、資金力があまりなくても始めることができます。なおかつ、建物は長い間貸し出して収益を上げることができるため、きちんと維持をしていけば収益は安定していきます。しかし、何も考えずに行えば失敗してしまいます。成功させるためには、第一に需要があるターゲットを絞ることが重要です。そして第二に、適切な維持管理をしていくことが重要となります。ターゲットを絞る必要性が高いのは、そもそも入居してくれる人がいなければ賃料収入を得られないからです。また、適切な維持管理が必要なのは、建物は劣化していきますし、入居者はいずれいなくなるため、管理や募集をしっかりとする必要があるからです。成功させるためには、この2つが大事です。

ターゲットを決めるための視点について

不動産投資をする上で、まずはターゲットを絞る必要があります。前述のとおり、借り手がいなければ意味がないからです。ターゲットを絞れば、それに合わせて建物を用意することができるため、選んでもらいやすくなります。このターゲットを絞るための視点は、立地を意識することです。地域によってどんな人が多く住居を求めているかが変わってくるため、それを考えてターゲットを絞った方が、より多くの人に興味を持ってもらいやすくなります。層が厚いところを狙った方が、取りこぼしを防げるからです。一例として、大学が近い場所なら、大学生をターゲットにすることが挙げられます。学生向けの建物を用意すれば、学生の入居者を安定して集めることができるので、空室率を下げることが可能となります。

管理する業者も実績のある業者を選んだほうがよい

不動産投資を成功させるための第二は、維持管理を適切に行っていくことですが、それには管理会社選びが重要となります。自分で行うには限界がありますし、初めて不動産投資をする場合には、どうすればよいのかわかりません。しかし、管理会社に任せれば、ノウハウを生かしてもらうことができるので、自分であれこれ悩む必要はなくなります。管理会社に依頼するコストは、賃料の5パーセント前後で、高くても10パーセントほどです。管理会社も、どこを選んでも良いわけではありません。なるべく実績があり、きちんとノウハウが合って、それを実行に移してくれるところを選ぶことが重要となります。おすすめは、地元で長年管理をしているところや、大手でマニュアルがしっかりとしているところです。