不動産へ投資をすると、将来にわたって安定して収入が得られるというメリットがあります。2,000万円の資産があった場合、それをそのまま貯金しておいたら、わずかな利息がつくだけとなります。その資産をもとにしてマンション経営などを行って、毎月家賃収入を得ることで、トータルでは3,000万円の利益となり、将来に少しずつその収入が入ってくるのだとしたら、メリットがあるでしょう。もちろん、投資なのでリスクもあります。シミュレーションでは、安定して収入を得られる予定であっても、予想していたよりも入居者が入らなかったり、経年劣化によって大きく価値が落ちてしまい、家賃を下げるしかなくなったり、思ったようにいかないこともあります。リスクについても十分に理解をした上で、資産運用を行いましょう。

ローンを完済することが1つの目標

不動産経営によってどのくらいの利益が出るのかということを考える前に、まずは目の前のローンを完済しなければなりません。ローンは15年~20年くらいで組む人が多いようですが、その間利益はほとんど入ってこないかもしれません。それどころか、マイナスになってしまって、自分の給料からも一部を出して、アパートローンを返済しているという人もいます。ローンを完済してしまったら、破綻のリスクはなくなり、その後は家賃収入が入ってくるだけとなります。それまでローンの返済にあてていた分がまるまる利益となるので、本格的に稼ぎ始めるのは、ローン完済後となるでしょう。必ずしもマンションやアパートが残っている限り経営を続けなければならないというわけではなく、タイミングを見て売ってしまうことも重要です。

不動産経営で得られる利益はケースバイケース

最近ではワンルームマンションへの投資も注目されているようです。ワンルームマンション経営なら少ない資金で手軽に始められて、リスクも低めです。しかし、入ってくる収入はそれほど大きくはありません。不動産経営でどのくらいの利益が出せるのかということは、どういった物件を選ぶのかによって大きく異なってきます。単純に考えると、2,000万円の資金で1億円の物件を購入してしまうことはリスクが大きいですが、得られる家賃収入によっては、大きなメリットがあるかもしれません。ハイリスク・ハイリターンをとるか、ローリスク・ローリターンをとるかという問題について、考えておくべきでしょう。優良な収益物件を見つけることができれば、ローリスク・ハイリターンで投資ができる可能性もあります。