これからの老後を年金だけでまかなうには、なかなか難しい時代になってきました。少しでも安定した老後を送るために、アパートやマンションの経営を始める方も多くいます。現金を銀行や郵便局などに預けていても、この低金利では老後の足しにはなりません。だからと言って、株やFXなどに投資をすれば、リスクも高くなります。確かに、アパート経営などでは、安定した家賃収入を得ることができるので、老後の生活も安心です。しかし、何の知識もないままはじめてしまうと、空室の対策や資金調達の方法、税金のことなど、素人では、わからないことだらけで大変なことになります。アパート経営などをしようと考えているのなら、しっかりとした基礎知識を勉強したうえで、専門家などと相談しながら始めることをおすすめします。

不動産投資のメリットとデメリット

アパートやマンション経営のメリットと言えば、やはり安定した家賃収入があることです。一般的に利回りも10%以上期待でき、預貯金より高い利回りになります。アパートやマンションなどは、貨幣価値の下がるインフレにも強いので、安心できます。税金面では、他の所得と損益通算できるため節税効果があります。デメリットとしては、入居者が入らなかった場合の対策や入居者事態に問題がある場合などのトラブルが起こる可能性があることです。ただし、この場合もしっかりとした不動産管理会社と契約しておけば、あまり心配することはありません。これからアパート経営やマンション経営を始めようと考えている方は、メリットとデメリットをしっかりと理解したうえで、デメリットの対策を考え、運営するようにしましょう。

不動産投資に必要な基礎知識とは

不動産から収入を得る方法には、どのような種類があるかということを知っておきましょう。最も一般的な方法は、一棟のアパートやマンションを経営し、安定した家賃収入を得ることです。その他には、対象となる物件を複数の投資家で共有し、その収益を分配するものや物件を証券化して資金を得るものなどがあります。その他にも新築物件を購入するのか中古物件を購入するのか、あるいは競売物件を購入するのかなど経営する物件の種類も考えておく必要があります。住宅ローンとアパートローンの違いや変動金利と固定金利の違いなど資金調達のための融資に関する基本的な知識も持っておきましょう。その他としては、アパートなどの経営に関する費用、税金対策などの知識を身につけておくことをおすすめします。